文字のサイズ変更
お世話になります。jwcadを使いはじめて日が浅いのですが、引き出し線の良いものを探していましたら、ここにたどり着きました。JW_OPT4J.DATを早速D/Lさせていただきました。ありがとうございます。

そこで質問ですが、JWCADに組み込まれている線記号は文字サイズが変更できますが、何回かチャレンジいたしましたが、これに関しましてはできませんでした。

また、文字サイズを大きくすると上下の隙間がなくなりますので、文字の上下の隙間を空けるにはどこを操作すればうまくいきますか。

90度の上下に分かれる引き出し線を作る予定はございますか。

よろしくお願い致します。
新海 19:55 2009.05.21 Thu
新海さんこんにちは。
今当方で配布している線記号変形で引き出し線と言うことは「jw_opt4k.dat」でしょうか。
これの文字サイズを自由にする方法ですね。

jw_opt4k.dat中にある文字を指定している行に
25006 06 8.1 21.0 10.0 21.0 10000 302 8"Input
のように書かれているところの、この行で言えば「302」が文字の基点と種類を決定しています。
今回は文字種ですのでこの「302」の末尾の数字、つまり「2」が文字種2を示しています。
これを書き込み文字種とするためには「0」を指示します。
今回は「302」を「300」とすれば書き込み文字種で作画されます。

文字間隔を広げるのに手っ取り早いのは倍率です。
jw_opt4k.datの角度指定引き出し線は、手計算で座標を算出して決め打ちしてますので

線記号変形では汎用性を求めるよりも使用頻度の高い物を登録して使う方が向いています。
ご質問の垂直な引き出し線は作成予定ありません
線記号変形はそう難しい物でもないので是非ご自身で取り組んでみて下さい。
取り組むプロセスで手に入る色々な事柄が、後々の業務効率化にきっと貢献してくれます。
Hino 16:55 2009.05.23 Sat
早々にご指示ありがとうございました。

チャレンジしてみます。
新海 11:59 2009.05.25 Mon
お名前

コメント(リンクは貼れません)

RS
Hinoさん こんにちは
今更なのですが RS階段 の威力に魅せられ一言御礼に参りました。
中規模以上のRC造建物モデルで一番手間がかかり、手を抜くと目立ち、
階数や段数によって変わるのでコンポーネントでの対応が難しいのは
屋外階段だと思います。
それがこんなに簡単に思い通りにつくれる。
大変助かっています。ありがとうございます。
rj 13:32 2009.05.28 Thu
rjさんこんばんは。
お役に立っているようで嬉しいです。

私も階段が面倒で時間が掛かってどうにかせずにはおれなかったんです。
おっしゃるとおり、手間は掛かるし手抜きが目立つし、ワンオフですし。
これに至ったきっかけはれっどさんでした。
[Link]
JWWで螺旋の平面→れっどさんからヒント→立面追加→3D化できるかも→GSUで立体化 です。
もう少しバリエーションも増やしたいんですがこれがなかなか時間が

モデリングはさっとプラグインで済ませてブラッシュアップに時間を
Hino 00:01 2009.05.29 Fri
そういえばちょうど昨日、螺旋階段を検討しました。
その時にちょっとしたパラメータ指定で次々と立体が比較できるのを感じながら「Computer Aided Design」を実感しました。
極論を言えばボタン一つでプランが出来ればその中から最善の物を選択するだけで誰でも設計のようなモノが出来うるんですよね。
まだそこまでの自動化は無理にしても、モデリングは短時間で完了するに越したことはないですし。
最近ちょいちょいと作った小物のツールがいくつかあるのでそれらも少しずつまとめてToolsに置いていこうと思っています。

GSU7の日本語版が出ればRS階段にもまだまだ手を入れたいです
Hino 23:41 2009.05.29 Fri
 キョロ ((o(・x・ )o( ・x・)o)) キョロ
 (..=) (=・・=) (= ¨ )クンクン…
 なんか おいらの噂をしてる 香りが・・
 
 (;´Д`A ```

 PCってすごい!そんでもって Hinoさんの作ってくれたものすごい!
 R写真・求積・螺旋・フェンス 使い倒してますよー

 作れないけど 便利なものを 使うのは得意です
 (≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!
うにょすけ 14:36 2009.05.30 Sat
うにょすけさんどーもです。その節は

最近はPCに図面を書かせるという単純作業をさせるだけじゃなくてもう少し脳を楽に出来るような処理をさせたいと企んでいます。
先日この掲示板に貼った「R天空比較[Link]」とかその端部でして。
天空比較になると設計者も「比較結果」を検討するしか(少なくとも私は)出来ることはないのですが、その「比較結果」を得るまでに結構な手数を要するんですよね。
1.天空元図作成
2.天空比較操作を基準と計画とで実行
3.出てきた結果を目視で確認
今回はこの「3」の「目視で確認」を一発で認識できるようにしてみたんです。
クリアしているのかいないのかをPCに色分けさせることで3の工程が楽になりました。
で。
なんかこんな感じで色々効率化図れればなぁと考えてます。
Hino 16:13 2009.05.31 Sun
Hinoさん はじめまして。あぽろと申します。
HinoさんのRSフェンスを使ってみたくて
DLしようとしたんですがリンクが間違ってるみたいでDLできない状況です。

[Link]ってとこに
繋ぎにいってるみたいですが
大丈夫でしょうか?
あぽろ 11:46 2009.06.15 Mon
すみません。こちらもリンク切れてました。
元のリンク先はマイクロソフトのSkyDriveだったのですが
DropBoxに変更しておきました。この記事の一番上から再度ダウンロードしてみて下さい。
Hino 13:34 2009.06.15 Mon
お名前

コメント(リンクは貼れません)