スレッド一覧
新規スレッド
お名前 タイトル
ファイル
コメント(リンクは貼れません)

RSJWWのファイルskechup2019pro
Hinoさん、いつもありがとうございます。
本当に助かっています。
佐藤正彦さんからも教わっていますが、PCが壊れて、再度入れようとしたのですが、どこに入れるか変わらなくなりました。知っていたらお教えください。
吉永一夫 14:37 2020.07.11 Sat
吉永さんこんにちは。
Jwwのインストールフォルダのフルパスと、SketchUpのバージョンを教えて下さい。
SketchUpはバージョンでプラグインファイルの置き場が異なりますので
Hino 19:45 2020.07.11 Sat
お名前

コメント(リンクは貼れません)

Hinoさん質問です。o(*^▽^*)o~♪
 siegelさんちで 話題になったのですが、線記号のピンセットなんですが どのような使い方をされているのかな?と思いまして・・・

 僕なりに考えたのですが、画像をJWWに読み込んで、それからあの線記号で ばしばし点を抑えて、R敷地で面積調整なんてのが作者様の意図かな?とか・・

 他にもいろいろ考えてるんだけど・・なかなか 思いつかなくて・・

 今回も住宅設計の際に法務局の図面(地積測量図)をトレースして寸法合わせて移動で倍率かえて、図寸法で直す。それから作図しました。


 そこで同じ作業をしてみました。
 スキャナで画像を読む。
 線記号ピンセットでトレース。
 R敷地で面積合わす。
 図寸法で縮尺変更。

 ( ̄ー ̄?).....??アレ??簡単だなぁ・・d(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ
盗朱 11:25 2006.11.30 Thu
れっどさんこんばんは。

あのピンセット、私もお気に入りの一つです
あれは以前試しに作った線記号変形の副産物なんです。

線記号変形では線を切断したり端部の座標を動かせたりしますが、
そのあたりを応用して何か建築の詳細図で使おうと思って色々試していた時期がありました。
その時にふと線を切断するだけではなくて、線をX軸として端部にY座標を与える加工が出来ることに気が付きまして。
おーこれは面白いと思って作ったシロモノです。

ピンセット自体はなかなか具体的な使い道が無いのですが、元になった線記号変形は線分を加工して水勾配を書かせるのが目的でしたので、これも水勾配とか屋根勾配とか。そんなのが向いてるかもしれませんね。

ちなみに私がかつて用いた使用法としては、添景で庭先の石を表現するのに、ひとまず長方形を書いておいてそれをピンセットで少しずつつまんで自然石っぽくしてみたり、多角形コマンドで正八角形を書いておいてこれを植栽に加工したりしてました。
今となってはこれらの作業はエスキースフィルタで一気に出来るので、ピンセットは最近あまり使っていなかったりします

せっかくなのでその元になった線記号変形も貼りますね。
このデータは900mm程度の水平線を一本描いておいて、それを加工するようになってます。

このころはRDT4ではなくてODT143セットで作成させていただいています。
ODT143とRDT4で作成されたデータの最大の違いは、ODT143で吐き出されたデータは見事に整形されていて実に見やすいところです

////////////ここから////////////

1 目皿
800
500 0 50
110 01 -32.25 -9 -32.25 -9
101 10 32.25 -9 32.35 -9

01 01 13.500 -9.000 13.675 -11.000 3 1 1
01 01 28.250 -9.000 28.250 -14.500 3 1 1
01 01 -28.250 -9.000 -28.250 -14.500 3 1 1
01 01 1.500 -9.000 1.675 -11.000 3 1 1
01 01 10.500 -9.000 10.325 -11.000 3 1 1
01 01 -1.500 -9.000 -1.675 -11.000 3 1 1
01 01 -10.500 -9.000 -10.325 -11.000 3 1 1
01 01 -13.500 -9.000 -13.675 -11.000 3 1 1
01 01 26.750 -14.500 28.250 -14.500 3 1 1
01 01 -26.750 -14.500 -28.250 -14.500 3 1 1
01 01 26.750 -15.500 -26.750 -15.500 6 1 5
01 01 26.750 -14.500 -26.750 -14.500 6 1 5
01 01 -1.500 -9.000 1.500 -9.000 3 1 1
01 01 10.500 -9.000 13.500 -9.000 3 1 1
01 01 13.500 -9.000 28.250 -9.000 6 1 5
01 01 1.500 -9.000 10.500 -9.000 6 1 5
01 01 -28.250 -9.000 -13.500 -9.000 6 1 5
01 01 -10.325 -11.000 -13.675 -11.000 3 1 1
01 01 1.675 -11.000 -1.675 -11.000 3 1 1
01 01 13.675 -11.000 10.325 -11.000 3 1 1
01 01 24.464 -11.000 13.675 -11.000 6 1 5
01 01 24.464 -11.000 25.000 -13.000 6 1 5
01 01 10.325 -11.000 1.675 -11.000 6 1 5
01 01 -1.675 -11.000 -10.325 -11.000 6 1 5
01 01 -13.675 -11.000 -24.464 -11.000 6 1 5
01 01 -24.464 -11.000 -25.000 -13.000 6 1 5
01 01 -28.250 -13.000 28.250 -13.000 6 1 5
01 01 26.750 -14.500 26.750 -15.500 3 1 1
01 01 -26.750 -14.500 -26.750 -15.500 3 1 1
01 01 -26.750 -15.500 -26.750 -60.233 6 1 4
01 01 26.750 -15.500 26.750 -45.898 6 1 4
01 01 28.500 -15.500 28.500 -21.469 6 1 5
01 01 28.500 -21.469 29.000 -21.969 6 1 5
01 01 26.750 -15.500 29.000 -15.500 3 1 1
01 01 -28.500 -15.500 -28.500 -21.500 6 1 5
01 01 -28.500 -21.500 -29.000 -22.000 6 1 5
01 01 -26.750 -15.500 -29.000 -15.500 3 1 1
01 01 -30.281 -14.750 -30.281 -20.500 3 1 1
01 01 -30.281 -20.500 -29.000 -20.500 3 1 1
01 01 -29.000 -20.500 -29.000 -15.500 3 1 1
01 01 -31.031 -14.000 -30.281 -14.750 3 1 1
01 01 -28.250 -9.000 -32.250 -9.000 3 1 1
01 01 -32.250 -9.000 -32.250 -10.500 3 1 1
01 01 -31.031 -14.000 -31.031 -10.500 3 1 1
01 01 -32.250 -10.500 -31.031 -10.500 3 1 1
01 01 28.250 -9.000 32.250 -9.000 3 1 1
01 01 32.250 -9.000 32.250 -10.500 3 1 1
01 01 32.250 -10.500 31.030 -10.500 3 1 1
01 01 30.280 -14.750 30.280 -20.500 3 1 1
01 01 -29.000 -60.836 29.000 -45.295 6 1 4
01 01 -29.000 -60.836 -29.000 -20.500 6 1 4
01 01 -29.000 -250.000 -29.000 -60.836 6 2 4
01 01 29.000 -45.295 29.000 -234.459 6 2 4
01 01 -13.150 -245.753 -13.670 -214.834 6 1 4
01 01 -13.670 -214.834 16.348 -268.907 6 1 4
01 01 16.348 -268.907 15.828 -237.988 6 1 4
01 01 15.828 -237.988 39.654 -231.604 6 1 4
01 01 -41.314 -253.299 -13.150 -245.753 6 1 4
01 01 -10.500 -9.000 -1.500 -9.000 6 1 5
01 01 -10.500 -9.000 -13.500 -9.000 3 1 1
01 01 29.000 -15.500 29.000 -20.500 3 1 1
01 01 30.280 -20.500 29.000 -20.500 3 1 1
01 01 29.000 -45.295 29.000 -20.500 6 1 4
01 01 30.280 -14.750 31.030 -14.018 3 1 1
01 01 31.030 -10.500 31.030 -14.018 3 1 1
#
991 0.35

////////////ここまで////////////
Hino 22:31 2006.11.30 Thu
Hinoさん、こんにちは。

拙宅で、盛り上がっていた所です。
しかし、線分の端点を右指示にてのドラッグで、
線分が出現するのには、"驚きと感激"でした。
線が新たに出現するのではなく、端点が伸びる
という概念でしょうか・・・?
とにかく、スゴイ物です。ありがとうございます。
siegel 12:46 2006.12.01 Fri
>線分の端点を右指示

↑、端点を左指示でも良いみたいですね!
siegel 17:23 2006.12.01 Fri
siegelさんこんばんは。
opt4て凄いですよね。
以前は指示回数0で制御コード20とかなんとかを(うろおぼえです)
組み合わせたら作図原点を掴まえるデータになったこともありました。
わたし的なJWW初期の頃で、それをもってJWWの作図原点が画面中央であることを知ったこともありました。

ところでピンセットですが、端点で無くても良かったりします
Hino 00:43 2006.12.02 Sat
>端点で無くても良かったりします
もちろん、それは、解っております。
だからこそ、端点を引っ張った時は、
呆然としました。
siegel 01:04 2006.12.02 Sat
>もちろん、それは、解っております。
ですよね
失礼しました。

それにしてもJWWってタフなソフトだなって思います。
opt1〜4等はDOSの初期から基本設計が不動ですし、
Autoモードに至っては過去VWの開発側からリスペクトされていましたし。

今後もどこまで進化するのかが楽しみです。
Hino 01:47 2006.12.03 Sun
お名前

コメント(リンクは貼れません)

RS
Hinoさん こんにちは
今更なのですが RS階段 の威力に魅せられ一言御礼に参りました。
中規模以上のRC造建物モデルで一番手間がかかり、手を抜くと目立ち、
階数や段数によって変わるのでコンポーネントでの対応が難しいのは
屋外階段だと思います。
それがこんなに簡単に思い通りにつくれる。
大変助かっています。ありがとうございます。
rj 13:32 2009.05.28 Thu
rjさんこんばんは。
お役に立っているようで嬉しいです。

私も階段が面倒で時間が掛かってどうにかせずにはおれなかったんです。
おっしゃるとおり、手間は掛かるし手抜きが目立つし、ワンオフですし。
これに至ったきっかけはれっどさんでした。
[Link]
JWWで螺旋の平面→れっどさんからヒント→立面追加→3D化できるかも→GSUで立体化 です。
もう少しバリエーションも増やしたいんですがこれがなかなか時間が

モデリングはさっとプラグインで済ませてブラッシュアップに時間を
Hino 00:01 2009.05.29 Fri
そういえばちょうど昨日、螺旋階段を検討しました。
その時にちょっとしたパラメータ指定で次々と立体が比較できるのを感じながら「Computer Aided Design」を実感しました。
極論を言えばボタン一つでプランが出来ればその中から最善の物を選択するだけで誰でも設計のようなモノが出来うるんですよね。
まだそこまでの自動化は無理にしても、モデリングは短時間で完了するに越したことはないですし。
最近ちょいちょいと作った小物のツールがいくつかあるのでそれらも少しずつまとめてToolsに置いていこうと思っています。

GSU7の日本語版が出ればRS階段にもまだまだ手を入れたいです
Hino 23:41 2009.05.29 Fri
 キョロ ((o(・x・ )o( ・x・)o)) キョロ
 (..=) (=・・=) (= ¨ )クンクン…
 なんか おいらの噂をしてる 香りが・・
 
 (;´Д`A ```

 PCってすごい!そんでもって Hinoさんの作ってくれたものすごい!
 R写真・求積・螺旋・フェンス 使い倒してますよー

 作れないけど 便利なものを 使うのは得意です
 (≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!
うにょすけ 14:36 2009.05.30 Sat
うにょすけさんどーもです。その節は

最近はPCに図面を書かせるという単純作業をさせるだけじゃなくてもう少し脳を楽に出来るような処理をさせたいと企んでいます。
先日この掲示板に貼った「R天空比較[Link]」とかその端部でして。
天空比較になると設計者も「比較結果」を検討するしか(少なくとも私は)出来ることはないのですが、その「比較結果」を得るまでに結構な手数を要するんですよね。
1.天空元図作成
2.天空比較操作を基準と計画とで実行
3.出てきた結果を目視で確認
今回はこの「3」の「目視で確認」を一発で認識できるようにしてみたんです。
クリアしているのかいないのかをPCに色分けさせることで3の工程が楽になりました。
で。
なんかこんな感じで色々効率化図れればなぁと考えてます。
Hino 16:13 2009.05.31 Sun
Hinoさん はじめまして。あぽろと申します。
HinoさんのRSフェンスを使ってみたくて
DLしようとしたんですがリンクが間違ってるみたいでDLできない状況です。

[Link]ってとこに
繋ぎにいってるみたいですが
大丈夫でしょうか?
あぽろ 11:46 2009.06.15 Mon
すみません。こちらもリンク切れてました。
元のリンク先はマイクロソフトのSkyDriveだったのですが
DropBoxに変更しておきました。この記事の一番上から再度ダウンロードしてみて下さい。
Hino 13:34 2009.06.15 Mon
お名前

コメント(リンクは貼れません)

| ▲Top(1/30) | >>